ボトックスで気になるエラを解決!美の高みを目指そう

副作用を知って受ける

目元を触る人

ボトックスの副作用

ボトックス施術は、安全性が高く気軽に受けられる施術ではありますが、必ずしも副作用が起こらないというわけではありません。製剤のため、風邪薬のように副作用が起こる場合もある事を踏まえ、施術を受ける事を決めましょう。副作用の症状は部位によって異なりますので、それぞれの部位に分け、考えられる副作用をご説明します。まず、顔のシワ改善のためのボトックス注射を行った場合、まれに笑いづらくなる事があります。また、エラを小さくする施術では食べ物が噛み切りにくかったり、あごに疲れが出るケースもあります。足のふくらはぎにボトックスを注入した場合は、爪先で立ちにくい事もあります。脇汗の施術を行った場合、脇が上がりづらくなる事があります。もちろん、上記で説明した副作用が必ず起こるという訳ではありませんが、万が一症状が起こった場合、必ずクリニックに問い合わせ、担当のドクターに報告しましょう。また、すべての施術に共通する事が、施術箇所に内出血が起こる可能性があるという事です。ボトックスは注射器を用いて注入するため、血管に触れる事で内出血が起こってしまいますが、自然に薄れていきます。しかし、長い時間経過しても消えない場合は、必ず担当のドクターに相談しましょう。

ボトックス施術の失敗を避けるには

ボトックス施術は注射を用いて行うので、体に注射器を打てば誰でも出来る技術に思えるかもしれません。しかし、ボトックスの量や注入する位置を間違えると、顔が不自然にひきつったり動かしづらくなってしまいます。そういったトラブルを避けるには、技術と経験が必要です。クリニック選びの際は、確かな実績を持ち患者様の体を第一に考えて施術を行えるドクターか見極める事が大切です。カウンセリングの際も、質問に対してしっかりとした知識で丁寧に答えるか見ましょう。

Copyright© 2019 ボトックスで気になるエラを解決!美の高みを目指そう All Rights Reserved.